お誕生日や特別な日は勿論、クリスマスやバレンタイン等の季節のイベントにプレゼントを考えている方へ。

当サイトのご説明

当サイトでは主に予算5千円~2万円クラスの比較的カジュアルなプレゼントをご紹介しています。これ!!という気に入ったアイテムがありましたら画像をクリックしますとより詳細を見ることが出来ます。

このサイトが素敵なプレゼントアイデアの切っ掛けになると幸いです。




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
突然ですが、マンホールの蓋をお部屋に置いてインテリアとしてみるのはどんな感じなのでしょうか? たまに、道路の側溝の蓋を盗んで捕まる人が居ますがマンホールの蓋も同罪かと思います。

また、マンホールと言えば雨の日に自転車やバイクに乗られる方の中には積年の恨みを持たれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回だけは、そんな恨みも忘れて頂く事はできませんでしょうか?

と言うわけで(前置きが長くなりましたが)、今回は遊び心たっぷり軽くて柔らかい、マンホールの蓋をモチーフにしたウレタンクッションのご紹介です。


このアイテムの詳細はこちらから

この可愛いクッションを手がけたのはnendoと言われる日本人デザイナーのグループ。日常の中の小さな『!』というのをコンセプトにカナダ生まれの佐藤オオキ氏を中心に沢山のユニークな作品を世界に向けて生み出し、数々の賞を受賞しています。

サイズはW530×H30×D530mm、フローリング等の比較的硬い床からおしりを優しく守ってくれますよ。町中にある物をテーマにインテリアをそろえている人や普通のクッションではなく、ちょっと面白いデザインの物を探している人へ、面白いプレゼントになると思います。あの人のお部屋の床をちょっと楽しい空間に変えてしまいませんか?


 
スポンサーサイト
今回はデスクトップを楽しく演出してくれる、カエルをモチーフとしたちょっと可愛いけどちょっとクールな穴あけパンチITZAの紹介です。

しかし、モチーフとなったカエルは唯のカエルではありません。このアイテムの名前であるITZAとは古代史や文化人類学が好きな方ならご存知のマヤ文明の伝説として伝わる、雨をもたらし雨を止ませる魔法の儀式を行ったカエルの容姿の水の魔法使いの事なんです。

デザイナーは他にも古代ローマの伝説の登場人物をモチーフにしたり、ユニークなデザインで知られるジュリアン・ブラウン。 大学にて機械工学と工業デザインを勉強し、現在は教授としても活躍しています。日本、オーストリアやドイツにも滞在した事があり、各国文化の影響を作品に取り入れている国際的なデザイナーです。


このアイテムの詳細はこちらから

可愛らしいですが、機能も負けていません。コピー用紙でしたら10枚程度まで一気に使用できます。残念ながら穴を開けるときにカエルの鳴き声が再生される様な遊び心(それはそれでうるさいだけかもしれません・・)はありませんが、机の上の雰囲気を楽しく盛り立ててくれる事は間違いないでしょう。

カエルマニアの人へ、マヤ文明のトリビアネタと共に普通じゃないカエルとしてプレゼントするのも楽しいかもしれませんよ。勿論、楽しいアイテムが大好きなあの人へのプレゼントとしても最適だと思います。あの人の机を楽しく演出してみませんか?


 
今回紹介するのは登場人物を贈る人が自由に設定できる可愛らしい大人向けの絵本、クリエイト・ア・ブックです。

1980年にとある家庭のお母さんが彼女の子供達にふさわしい絵本がないと考え、では自分で自分達を主人公にした絵本をつくっちゃえ、という成り行きで出来上がり、その自由でオリジナリティを満遍なく発揮できる発想は大受けし、すぐにアメリカ全土に拡がりました。現在では世界29ヶ国で愛読されています。

確かに、お話しの中に自分の名前や友達、自分の住んでいる街の名が出てくるのを読んだり聞いたりするのは面白いですよね。誰もが可愛らしいお話の登場人物になれる、そんなアイデアを手軽に誰もが簡単に実現できる、世界でたった一つの絵本なのです。

クリスマスの願い事
このアイテムの詳細はこちらから

主人公の名前性別、年齢、ニックネームと住んでいる場所、勿論お友達の名前も3名まで設定する事ができます。本の贈り主の名前やプレゼントする日付けとメッセージ(40文字まで)も添えられますよ。残念ながらストーリーそのものを設定する事は出来ませんが、やはり物語の一部となるのは新鮮ですよね。

クリスマスの誕生日やパーティにちょっとロマンチックでメルヘンなプレゼントを考えている方へ。あの人とあなたを主人公とした可愛い絵本で楽しい時間を演出してみませんか?


 
インフォプレナー必須の新ツール満載
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。